建物スペック
・ご家族:ご夫婦+お子さん2人
・所在:清須市(マンション:リノベーション)
・延床面積:92.34㎡(27.39坪):2LDK+WCL(ウォークインクローゼット)
・建築費用:500-1000万円

持ち家をもつ=選択肢がたくさんあるんですね。

家主さん「持ち家を持ちたいと思い、住宅展示場やオープンハウスなどたくさん回りました。
そうして分かったことは、持ち家にもたくさん種類があるな・・ということ。
戸建てに、マンション、そして中古か新築か、さらには土地探し・・と、選択肢がいっぱいあって、それぞれのメリットデメリットなどを色々と調べてみました。

その中で選んだのは、中古マンションのリノベーション。
夫婦ともに、以前にマンション暮らしをしていたこともあって、暮らしのイメージも湧きやすかったんです。」

利便性良く、暮らしやすいマンションを探そうと・・。

実物の板倉の家を見た時、「すごい!」と思いました。
家でもあるんですけど、ログハウスにも見えるし、なんだか別荘に来たような気分になりましたね。
テレビで見た通りのインパクトがそこにはありました。
その時点で、建てるなら板倉の家しかない!と思いましたので他社の建築会社さんは見ていませんでした。

家主さん「色々と調べた結果、立地の良いマンションの資産価値は下がりにくかったり、ある程度の築年数であればセキュリティ面でも優れてるということ。
そんな中、公園が近くて、駅まで歩いてすぐ、そしてベランダからの見晴らしが良い、、そんな中古マンションを見つけたので、トントンと話が進みました。

ただ、マンションを買って、一般的なリフォームでは面白くないよね。

「開放感ある癒される空間をつくりたかったし、約90㎡の限られたスペースをうまく有効活用して、シンプルに且つ使いやすいマンション暮らしにしようと、設計士さんと考えました。」

ご夫婦ともに「私たちの暮らしの在り方」を明確に持たれているので、できたリノベーションマンションは、ありそうでなかった理にかなったマンションらしくないマンションでした。

今回は、そんなマンションリノベーション事例の一部をご紹介します。

回遊できる生活動線を。
玄関、サニタリー、リビング、子供部屋と、回遊できる生活動線に設計されています。
家事の時短はもちろんのこと、暮らしやすくもあり、また開放的な感覚にさせてくれます。

 

 

床の間と畳スペースはど真ん中に。
フロアの真ん中に設けられた床の間と畳スペース。
端っこに追いやられがちな床の間が、リビングに存在感ありきで配置されている。
ひな壇や五月人形などの季節ものが置かれ、目の前の畳スペースのイグサの匂い香る寛ぎスペースが、違和感なく居心地の良い空間をつくっている。

 

乱雑スペースになりやすいCD.DVD.本の収納場所
以前から、本、CD、DVDなどの趣味の所有物が多くて、どう収納しようかと悩んでいたご夫婦。
隠してスッキリ見せたいし、でも、読みたい見たいときにすぐ取りだせる、そんな本棚収納を考えた。
結果、テレビ後ろのスペースを図書室のような形で、リビングに沿わせるように配置して、見た目も使い勝手も◎

 

 

子どもの机を近くに。 
子どもとの距離が近く、コミュニケーションが取れて、且つ、学ぶ姿を見守ることができるようにと、子ども机と棚をリビングに。

 

 

マンションに居るとは思えない空間に。
とにもかくにも、やはりこれがマンション?と思えるほど、無垢の木の特性を上手く使った、まるで別荘のような空間です。

 

 

今回は、家主さまの声とともに、マンションらしくないリノベーションマンションの建築事例をご紹介させて頂きました。
マンションのリノベーションをお考えの方は、ぜひご検討の上、お気軽にご相談頂けましたら幸いです。

<清須市|マンション・リノベーション|事例写真>

建物スペック
・ご家族:ご夫婦+お子さん2人
・所在:清須市(マンション:リノベーション)
・延床面積:92.34㎡(27.39坪):2LDK+WCL(ウォークインクローゼット)
・建築費用:500-1000万円