◎他社とは違う「家づくりの3ステップ」 >>>詳しくはコチラ

- ステップ 1 -
OB宅を見学し、住み心地を聞く。

今まで建てて頂いた家主さんのお宅をご案内しています。実際の住み心地や家づくりエピソードなどの「本音の声/満足度」を聞いて欲しいから。

- ステップ 2 -
板倉の木の家づくりを知ってもらう。

別荘のような吹抜け感のある平屋の木の家をつくっています。板倉の木の家づくりならではの住まいの高い機能性を伝えたいから。

- ステップ 3 -
宿泊体験で、木の家暮らしを体感する。

無料で木の家づくりの家に宿泊することができます。話だけでは伝わりきれない木の家の住み心地の良さをリアルに体感して欲しいから。

板倉の平屋づくりとは

板倉の木の家づくりを解説します >>>
参考資料(図):日本板倉建築協会

たかはしを選んだ理由ベスト5

 1位:???
 2位:本音で話ができた/聞いてくれた!
 3位:予算内におさめてくれた!
 4位:家事の時短など設計プランに共感!
 5位:板倉の木の家づくりが好きになった!

 ・・・
 詳しく見る>>>


| メディア紹介 |

□ 日本板倉建築協会
 いたくら創刊号|復興と板倉
□ ニッポンの注文住宅
 日本全国の厳選193邸の実例紹介 
□ 東海の注文住宅
 のびやか子育てジモトの家。 
...などの住宅専門誌に取り上げて頂きました。 

注文住宅|新築費用について

年間の家づくりは、一宮市の注文住宅は約1,300戸程、稲沢市の注文住宅は約420戸程、清須市の注文住宅は100戸程、春日井市の注文住宅は750戸程の新築が建てられています。
しかし、その多くはいわゆる大手ハウスメーカー/工務店による木造戸建ての受注ばかりで、住み手の暮らしに寄り添った収納計画や間取りの自由設計プランニングではなく、工事費用や資金計画に無理のある住宅ローンの返済計画の方が多くいらっしゃいます。また、ローコスト木造住宅と呼ばれる規格住宅による分譲や注文住宅も最近は増えていますが、何十年と先を見据えた永く住める住宅とは程遠いものです。
たかはし設計では、愛知で高すぎる木の家づくりの戸建て注文住宅を見直し、コストパフォーマンスを上げた家主さんにとっての満足度の高い住まいを提供しています。

工務店/ランキング/選び方について

一宮市・稲沢市・清須市・春日井市やその近郊を施工対象地域としているものの、注文住宅の品質維持や施工管理・設計の監修などを踏まえ、信用・実績のある工務店に建築施工を頼みます。
最近では、愛知県の工務店ランキングや口コミサイトなどが増え、メーカー側で情報操作された情報をもとに工務店を探すことが多くなっています。何十年と長く住む住宅だからこそ、きちんと施工する工務店を上手に選び、監理・監修することで、高いお金をかける価値がある注文住宅だと言えます。家づくりにおいて、素人だからと任せっきりになるのではなく、きちんと住宅の基礎知識をつけ、付き合い方を学び実践していくことがすごく大事なことですし、また建築工事をお願いする工務店との付き合いも永くなるので、お互いより良い関係を築いていけるのかどうかを、契約前にしっかりと確認しておく必要があります。